ガラスコーティングされた車の洗い方

ガラスコーティングされた車の洗い方

コーティングされていても洗車は必要

ガラスコーティングは、液体ガラスの化学変化を利用して、車のボディーに皮膜を作り、埃や酸性雨などから車を守る技術です。ワックスに比べて効果が長続きすることから人気となっています。しかし、ガラスコーティングが施された車といえども、洗車フリー、メンテナンスフリーなわけではありません。
 

ガラスコーティングの仕組み

ガラスコーティングは、液体ガラスの化学変化を利用したものだと書きました。もう少し詳しく説明すると、ガラスと同じ分子構造を持つシリカなどを車のボディーに塗布して、ガラス質の皮膜でボディーをカバーする作業です。
 
形成されたガラス質の皮膜は、塗装面と化学変化により結びついているので、効果が長期間持続することが特長です。
 
また、ガラス質のため、つやがありながらも自然な光沢が出ることも特長と言えるでしょう。
 

ガラスコーティング済みの車の洗車方法(基本)

「ガラスコーティング済みの車は水洗いだけで良い」とよく言われていますが、実際はどうなんでしょうか?コーティングされているため、汚れ落ちはよく、水だけでもかなり楽に汚れを落とすことができます。したがって、よく言われている「水洗い」については、あながち嘘ではありません。
 
ただし、コーティングしていても長い間洗車しなかった場合は、それなりに汚れが落ちにくくなります。走行中にタール状の物質が付着することもあり、そういったケースでは水洗いで落とすことができない場合もあります。パーツクリーナーをしみこませたウエスなどで、ゆっくり取り除きましょう。
 

ガラスコーティングを長持ちさせる洗車方法

  • コーティング車専用のシャンプーを使う
ガラスコーティングされた車の数が増えると、自動車用品市場にも動きがあるというものです。現在は、ガラスコーティングが施工された車用のシャンプーが各メーカーから販売されています。コーティング効果が持続している間であれば、ボディーにつやつや感を与えつつ、効果を補うように働いてくれます。
 
水洗いだけだと、車体にこびりついた油汚れのようなものは落とすことができません。
 
シャンプーはバケツに泡立てて使います。(メーカー指定の使用方法に従ってください)
シャンプー使用時は、水やシャンプーの乾燥を防ぐため、手早く作業しましょう。
  •  
埃や泥は水で洗い流す
埃や泥は水で洗い流します。あまりパワフルでなくてもかまわないので、水圧で勢いよく汚れを取り除ければ理想です。
 
  • 水分の吸い取り
シャンプーをしっかりと流したら、その後は水分の拭き取り作業です。水分を拭き取る際は、マイクロファイバークロスを使って、吸い上げるように拭き取ると効果的です。水分の拭き取りをしっかり行わないと、雨染みができることがあります。特に炎天下で洗車をすると、すぐにボディーが乾いてしまうため注意が必要です。

大阪でおすすめガラスコーティング・カーコーティング

大阪でおすすめの車コーティング・ボディコーティング

大阪のガラスコーティング・カーコーティング評判・口コミ

大阪の車コーティング・ボディコーティング評判・口コミ

カーフィルム 大阪